愛用レンズ 50mmf2.0 macro

オリンパスが一眼レフから撤退して、はや数年。

でも…すごくお気に入りのレンズがあるので。
オリンパスのカメラを手放すことは考えていません。

タイトルにも書いた50mmf2.0 macro、このレンズがとっても好きなんです。


換算100mmの画角はポートレートを撮るのにちょうどいい長さだし。
f2.0というレンズの明るさも便利。

シャープすぎないピントや柔らかなぼけ味も、とても好みで。
マクロレンズなので、こんな風に至近距離からでもきちんとピントが合う。

引いて撮るよりも、こんな風に寄って撮ることの方が多いので。

1本しかレンズ持って行けないって言われたら、標準にするか
これにするか迷ってしまうくらいのお気に入り。

暗所に非常に弱くて、AFも遅いという短所はありますが…

それがわかっていても、使いたくなるレンズ。


同じ明るいレンズでもSUMMILUXの25mmf1.4は、ピントの合った
ところがキリッとシャープに描写されるので…

レンズの癖ってあるんだなぁって。

ハマって色々使ってみたくなる人の気持ち…
ちょっとわかります(笑)


ちなみにこちらの写真のワンさんは、カメラレッスンに伺った先の
お客様の飼われている子で。

モデルに…と公園でお散歩していただいたんですが…

愛らしい見た目に反して、18歳とかなりの長生きワンコさんで。
痴呆もあり、目や耳も悪くなっているそうで…

まっすぐ歩けずに、ひたすらにくるりくるりと円を描きながら
ゆっくりとした足取りで公園をさまよっていて。

ちょうどわたしの足に行き当たったところをパシャリ。


人の時間と、犬の時間…
どうしても同じに進むことは出来なくて。

犬を飼うということは、必ずお別れの日があるということ。

その事実を思い出して…
なんだかせつなくなってしまいました。

いま家に犬がいるから、余計にそう思うのかもしれないですね。。。



現在のユルリラムの営業日はこちらをクリック! (HPへ移動します)

写真ギャラリーはこちら

クリックで応援いただけると嬉しいです^^
広島ブログ

0コメント

  • 1000 / 1000